Hokkaido University

laboratory of

marine MICROBIOLOGY

 

海洋環境に生息する微生物の生理生態の理解や

その特性を生かした応用研究を目指しています

TOPICS

ようこそ

海洋微生物学研究室へ

2020/11/22 塩谷君・佐藤君・美野先生(PLoS ONE, SAM)の論文が採択されました
2020/11/21 Jiang・Yu・大津さん・西川さん・深澤君が学会発表(水産学会あるいは農芸化学会北海道支部大会)します
2020/10/7 山崎君・Yuさんの論文(PeerJ)が採択されました。AR, EM, iScience掲載されました
2020/8/13 福士君・美野先生(iScience, Cell Press)の論文が採択されました
      Bergey'sの新たなeditionに"Genus Thaumasiovibrio"が掲載されます
2020/5/13 山崎君(AR)と田仲さん(EM)の論文が採択されました
2020/3/21 山崎君と田仲さんが水産科学院学生表彰を受けました
      EMR, SAMおよびMEに論文公表されました
2019/10/25 および2020/2/19 西川さんがSoV53および細菌学会で発表しました
2019/9/13 MBC2019でJiang、Yu、米澤が発表しました
2019/7/9 科学講演会@函館のお知らせ:8/25(日)「理研サイエンスレクチャー in 函館」
      10/25-26第53回ビブリオシンポが開催されます
2019/4/11 MBC2019で発表します(Jiang, Yu, 米澤)
      学位記授与式(3/26)が挙行されました。吉藤さんが総代を務めました
2019/3/15 Topics in Microbiology: 深海生命探査40年
多様なヌクレオチドシグナル分子を合成するcGAS様酵素
2019/3/13 Vibrio tritoniusの水素生成とNaClの関係を解析した成果が公表されます。
      学位記授与式(3/26)が挙行されます。
2019/2/23 卒業研究発表会を開催します(3/1)
      修士論文発表会を開催しました(2/18)
2018/11/21 Topics in Microbiology: イプシロンの水素生成とsyntrophy
2018/11/16 Topics in Microbiology: vDISCO: マウス遺体の完全透明化技術
                   腸内マイクロバイオームのロコモーション調節:オクトパミン作動性ニューロンが末梢の微生物からの合図の調節因子
2018/11/14 N2O還元微生物群のMAGに関する研究成果が公表されました
2018/11/6 Topics in Microbiology:
ゲノム系統分類に基づく系統樹
                  DOEの活用がE. coliの翻訳因子の理解を進める
2018/11/2 ロバスト研究交流セッション(ETH学術交流シンポ)で発表します(田仲)。
      第52回ビブリオシンポジウムで口頭発表しました(田仲・志水)。田仲さんはTravel Awardに選ばれました。
      石垣島サンゴ礁バイオームの成果が公表されました。
      魚類のビブリオ病に関する総説が公表されました。
      第27回先端科学移動大学が開催されます。
      腸内細菌の新たな成果:乳幼児の腸内細菌; ショウジョウバエの移動運動と腸内細菌
      MBC2019が開催されます。
2018/9/10 Topics in Microbiology: What is life?の問題提起から75周年
                  Schrödinger at 75—The Future of Biology - Trinity College Dublinが催されました。
2018/7/26 Topics in Microbiology: 外膜と細胞壁、どちらが硬い?
                  チョウチンアンコウの発光器にいるビブリオのゲノム情報がついに取得された!
2018/7/20 Topics in Microbiology: 深サブオングストロームの分解能に達する二次元材料の電子タイコグラフィー
                  機械学習で有機合成ロボットを制御して新しい反応性を探索する
                  海水魚の種分化速度における逆の緯度勾配
2018/7/12-13 日本微生物生態学会 第32回大会に参加しました(阿部・田仲・冨永・福士)。
2018/6/20 Topics in Microbiology: 海の窒素固定微生物に新知見
                  上皮症対策がつぎなる課題?
2018/6/4-8 Hokkaido Summer Institute2018を開講しました。
2018/5/31 Nanoporeを活用したビブリオの分類に関する研究論文を公表しました。
2018/5/30 第52回ビブリオシンポジウム@猪苗代のお知らせ: 10/26(金) 詳細はこちら
2018/5/25 Topics in Microbiology: 機能未知遺伝子の機能解明にむけたヒント
2018/5/8 Topics in Microbiology: ミトコンドリアの起源に関する新知見
                抗生物質を資化する細菌の発見
                論文執筆中のかたへ
2018/4/27 Nanoporeを活用したビブリオの分類に関する成果を preprintとして公表しました。
2018/4/20 Topics in Microbiology: PET分解酵素の人工進化
                Microbes vs. chemistry: 消化管を嫌気にしたのはどっちか
2018/4/17 Topics in Microbiology: アミノグリコシドによる抗ウイルス防御を活性化するための予想外の新しい方法
2018/4/16 Topics in Microbiology: 社会的ジェットラグを克服しましょう
                細菌細胞骨格アップデート
2018/4/10 Topics in Microbiology: 流行しているブタの致死性RNAウイルスはコウモリ起源
                脊椎動物RNAウイルスの多様性理解が進展
2018/4/9  4年生6名と特別研究生1名を迎え、新年度がスタートしました。
2018/3/29 第91回日本細菌学会に参加しました(松村)。
      松村くんが優秀ポスター賞を受賞しました。
2018/3/19 Topics in Microbiology: 尾部のないファージの生態にメス。海の微生物の消失要因
2018/3/19 科学講演会@函館のお知らせ:9/9(日)「理化学研究所 科学講演会 in 函館」
2018/2/27 市民公開シンポジウム@札幌のお知らせ:4/15(日) 「One World, One Health」
2018/2/20 修士論文発表会で研究成果を発表しました(佐藤・土橋・宮坂・米山)。
2018/2/6 Topics in Microbiology: 腸内細菌研究に一石を投じる報告がなされました。イモムシには腸内細菌がいない?
2017/12/27 サイトをリニューアルしました。
2017/12/12 札幌微生物学カップに参加しました(田仲・山崎)。
      山崎くんが最優秀発表賞を受賞しました。
2017/12/5-9 2017年度生命科学学会合同年次大会に参加しました(吉藤)。
2017/12/5-9 マレーシア プトラ大学より、研究者4名が来函しました。
2017/8/28-31 環境系微生物合同大会に参加しました(塩谷)。
2017/8/18 函館国際科学祭へ本研究室より出店しました。
2017/6/3-4 第19回マリンバイオテクノロジー学会に参加しました(田仲)。
2004/10/20 第51回ビブリオシンポジウムに参加しました(山崎)。
2017/6/5-9 Sievert博士を迎え、Hokkaido Summer Institute2017を開講しました。
2017/4/10 新しく4年生6名を迎えました。
RESEACH

海洋細菌を対象とした海洋生物工学

海洋微生物を利用して,バイオ燃料生産を行う研究などを展開しています

キーワード:バイオ燃料,カロテノイド生産,

代謝改変,温暖化対策

海洋の様々な環境に住む微生物の,生理生態や多様性の理解を目指しています

キーワード:群集構造解析,分類,微生物地理,ストレス応答,微生物行動

海洋微生物生態学

MEMBER

教授 澤辺 智雄

助教 美野さやか

 

博士課程  3名

修士課程  4名

学士課程  6名

 

PUBLICATION

こちらをご覧ください

ContAcT us

大学院生を募集しています

北海道大学函館キャンパス

管理研究棟6F

 

研究室に関するご質問・問い合わせは

sawabe@fish.hokudai.ac.jpまで

〒041−8611

北海道函館市港町3−1−1

北海道大学大学院水産科学研究院

海洋微生物学研究室

Copyright (C) 2017 Laboratory of Marine Microbiology, Division of Marine Life Science, Hokkaido University. All Rights Reserved.

RESEACH
MEMBER
PUBLICATION
ContAcT us